ブログ、移行しました!!

    新ブログはこちら↓↓↓
    
    ECCジュニア田村町教室の先生ひとり言(続)

    新ブログの方も、何卒よろしくお願い致しまするんるん

    *******************
    ECCジュニア田村町教室のKeikoです。
    個人的な日記やイベントの様子、面白い話などを、
    週1くらいのペースで書き綴っています。
    コメントを書いて頂けると、泣いて喜びますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

    ECCジュニア田村町教室の特徴やコース紹介、お問い合わせなどは、
    田村町教室のホームページをご覧になってください。


    ECCジュニア田村町教室のホームページはこちらクリア

    教室のfacebookページ作りました。
    日々のちょっとした出来事はここにアップしていきますね。
    「いいね!」もぽちっとよろしく!!

2012年07月13日

夏の4回コース始まります。そして発音道場の事。

うちもようやくエアコン稼働台風
すっかり蒸し暑くなりましたね〜。夏本番まであと少しです。

ECCジュニア田村町教室では、今年も夏の4回コース行います!
英会話教室って興味があるけれど、子どもをずっと通わせる事ができるかしら?とご心配の方、
1学期が終わるこれからECCジュニアに入学しても大丈夫かしら?とご心配されている方、
そんな皆さまにお勧めしたい、夏休みを利用した手軽なのに充実したコース手(チョキ)
ご興味ある方はここをクリックしてみてくださいねひらめき

さて、夏のコース募集の話もそこそこに(…怒られるな爆弾
今日はこないだFBでもちょこっと書いたお話を。。。

このブログでもちょくちょく登場していた発音道場という言葉。
よくよく考えたら、これっていったいなんなのだ?という話をした事がないかも。www
ということで、ここで軽く説明exclamation×2

・・・ってのも面倒くさいので、詳しくはこちらを是非覗いてみてくださいたらーっ(汗)
http://www.jj-education.com/ep-gym.html

初級編、発展編、上級編と3段階がありますが、
初級編では子音や母音の短音の練習、単語単位での練習、
クラスルームイングリッシュの練習を行います。
発展編では初級編で身に付けた事を、絵本などの音読を通して更に体に落とし込み、
そして上級編では発音は勿論、英語のストレスとリズム、イントネーションパターンなどを
徹底的に自分のものにしていく訓練を行います。
上級編の最終回には検定試験が行われ、それをパスすると無事修了生となれるわけですぴかぴか(新しい)

2011年の1月から?だったと思いますが、ほぼ月に一回のペースで大阪に通い続けました。
先日、その検定試験が行われ、無事合格exclamation修了生になりましたぴかぴか(新しい)



私がこの道場に通おうと思ったきっかけは、親しくして頂いている先生から、
発音に関する、非常に良いという噂の道場があるよ!と教えて頂いたからです。
以前から、特に自分の発音に自信がなかったということはありませんでした。
ただ、大学などで英語の発音について音声学?などを習った事はなく、
人に教えるためには、知識として役立つ事があるかな?と思ったのがきっかけです。

終わってみて思う事は、「いや、そんなもんじゃねーよ。」ってことかなww
今となっては、以前自分がどんな発音をしていたのかよく覚えていないのですが、
恐らく確実に変化しています。
だって、生徒たちの発音が変化してきているから。

自分が上手に(あるいは上手と勘違いしている!?)発音をすることではなく、
外国語としての英語を日本で子どもに教えるための発音。
この道場で習得したのはそういうものだと私は思っています。

さらに。
先に紹介したサイトにある文章を引用すると

大切な事は、いわゆる“ネイティヴ・スピーカー”のような発音ができるという結果ではなく、発音の訓練を通して、自己の客観視と客観的に自己分析をする態度を養い、そして細分化された情報を自分の身体を通して統合する過程を経験していただく事です。

これは、終わった今だから、なるほどそうだった!と思える事ですね。

今、自分が合格できたことに関して客観的に分析すると、理由は恐らく以下の5つ。

1)決意を固め、自分を追い込み、かつ自分を信じた。
そう簡単に合格はできないと聞いていましたが、私はずっと
「絶対に一発で合格する!!」と決めていました。
「合格したいな〜」なんて言った事はなく、必ず「合格する!」って口にしていました。
生徒にも「私は一発で合格するから!」と豪語していました。
ここまで自分で言ってしまうと、そうなるために体が勝手に動くわけです(笑)

FBにも書きましたが、緊張しいの私は、その緊張の為にうまく声が出なかったり、
息の調整が出来なかったりする事が、発表のたびにありました。
でもね、絶対合格すると信じて練習しているうちに、その気になってくるというか、
それすら跳ね返せるような気がしてくるわけです。

確か以前、柔道の谷亮子選手がこう言っていました。
「不安もプレッシャーもありますが、それをはねのけられるのは納得出来る練習しかないんです。」
決意して練習を重ねる、これが自分を信じられる原動力でした。

2)徹底的にケチになった。
道場の受講費は決して安くはありません。
私の場合、大阪に通っていたので、その交通費もかかる時間も結構なものでした。
そう、こんだけつぎ込んだのに不合格になるわけにはいかない!!
そりゃモチベーションも上がるってもんですグッド(上向き矢印)

3)不利な点を逆手にとって活かした。
大阪の皆さんが練習会などで集まって練習していたのが羨ましかったです。
けど、さすがにそこまで通う余裕は私にはありませんでした。
遠いところを田舎から通う、これは一見不利な点のように見えます。
でも、これは私にとっては、ある意味ラッキーだったかも知れません。

行き帰りのバスは3時間半くらいかかるのですが、バスの中ですることってあまりない。
帰りのバスの中、私は毎回その日の録音を聞きなおしていました。
ついさっきやったことだから、頭の中でのリマインドも簡単です。
更に、大切な所、練習には不要な所に音声のトラックマークを入れる作業をしていました。
これをしておくと、翌日以降、聞きたい所をすぐ頭出し出来る状態になります。

練習はほぼ毎日行っていました。
とはいえ、それだけの為に時間をとる事は難しいと思っていたので、
ほぼ毎日やることと同時にするのが一番簡単だと思い、
私は飼い犬の散歩をするときに音声を聴いていました。
ここで先のトラックマークが大活躍します。
そう、毎日発音道場の講義を受けているようなもんでした。

そしてここは田舎!通常誰もいない、家もあまりない田圃道を散歩しますから、
聴くだけではなく声も出し放題るんるん
時々すれ違う人には怪訝な目で見られたものの、
最終的にはそれすらどうでもよくなってました。笑

上級編後半は、散歩中の練習プラス、散歩の後に課題の書かれた紙を持って
鏡の前で一度全てを読み上げる練習もプラスされました。
とはいえ、そんなのプラス5分程度ですね。

誰も頼る人がいないという状況が、自分を戒め練習に追い込む理由だったかもしれません。

4)自分にあった方法で、確実にそれをこなした。
3の内容とちょっと被るかもしれませんが、練習方法など、
私には本当にぴったり合っていたように思います。
私は内容をいつもICレコーダーで音声のみ録音していました。
ビデオ撮影されている方もいらっしゃいましたが、それは一切行いませんでした。
ま、もともと怠惰な自分を知っているので(爆)、撮っても見ないであろうことは明白。
音声ならば、いつでもどこでも、小さなレコーダーさえ携帯していれば聴けます。
私は、その音だけに全てを賭けていたわけです。
多分この方法が私には合っていたんだと思います。

5)高めあえる仲間・師に出会えた。
これは直接的な理由ではないかもしれませんが。。。
普段ブログでしゃーしゃーと書いている私ですが、実は結構な人見知りですたらーっ(汗)
最初の頃は随分緊張もしていました。
でも大阪の皆さんは、そんな私にも本当に寛容でした。
とても気さくに話しかけてくれたおかげで、ちょっとずつ打ち解ける事が出来ました。

実は、初級編の後、発展編、上級編と進んでいく中で、受講人数は少しずつ減っていました。
最初10名ちょい?ぐらいいたと思いますが、上級編を受ける頃には
その数、私を含めて5人になっていました。
まぁ、色々な理由があって途中で終えていく方もいる中、
最終的に残った5人の中には、絶対に最後まであきらめない者の間の
不思議なつながりが生まれていたような気がします。
うん、具体的に何が?と言われると分からないんですけどね。

ここで、またまたアスリートの方の言葉を借りると、
こちらはハンマー投げの室伏広治さんの言葉。
「目標が高くなれば意識も高くなる。一人が出来るようになると皆が出来るようになってくる。」
うん、まさにそういう、意識なんですよ。

もちろん、オブザーバーとして参加して頂いた先輩方の熱い想いと様々な手助け、
道場主催者であり講師であるMayukaさんの的確な叱咤激励、
こんな仲間の中でやれたからこそ、最後まで続ける事が出来たのは言うまでもありません。



やれやれ、随分長くなっていますが、
書いているうちに、あの仲間たちに読んでほしい内容になってきた気がします。
今回合格できなかった人もいるのですが、彼女たちなら必ずクリアする。
そこは信じて疑いません。
そして、これからも一緒に頑張っていきたいですからexclamation×2


さて、取りあえず修了した発音道場ですが、
これも実はスタート地点に立ったに過ぎないわけです。
新たな目標に向けて、また一歩を踏み出す時になりました。
講師として、生徒たちにその背中をしっかり見てもらえるようになることも大切ですしね。
そう、私が率先して努力せんでどうするよ?って事です。

自分が色々と動いていると、その時の自分に必要な事が向こうからやってきてくれる。
ありがたい事です。
まーだまだ、やること色々ありますパンチ



発音道場に興味のある方はここを覗いてみてください。
http://www.jj-education.com/2012pg.html
この9月から新規に初級編が開講されますよ〜。
posted by Keiko at 01:52 | Comment(12) | TrackBack(0) | 自分のための独り言
この記事へのコメント
先生の頑張りには脱帽です★日々、何気なく過ごしてしまっている私はいつも何かしないとと思うばかりで空回りしています…。
Posted by 屋島のちはる at 2012年07月13日 09:08
> ちはる先生
わ〜い!ブログへのコメント、ありがとうございます(^^)
そうなんですよね〜、私も空回りしたくないがために、
とにかく自分自身をどこかへ放り込むというか。。。
自分でプレッシャーをかけないと、この重い腰はなかなか動きませんwww
いやはや、本当にまだまだです。
Posted by Keiko at 2012年07月14日 01:52
けいこん。やっぱりけいこんはすごい!

最初から、気合いと覚悟がハンパないなと思ったけど、決して逃げ道と言い訳をつくらない姿勢が、本当にすごいなとおもいます。

そして、けいこんが、突き進んでくれたから勢いに乗ってここまで頑張れた。
ディベートでも一緒に学べたのもとても心強かったです。

このブログみせてもらって、グダグダ落ち込んでたので、コメントがかけませんでした。でもそんなこと言ってる場合ではない。

あと一週間。
気合い入れて頑張るから、見守っててね。
Posted by なおみ at 2012年07月16日 23:21
> なおみちゃん

なおみちゃんにそう言ってもらえると、とても嬉しいです!
ありがとう!!

ディベートのときに、発音道場の仲間たちがいてくれたことが、
わたしにとってはどれほど心強かったことか。。。

以前、なおみちゃんが「自分は昔から優等生タイプで・・・」という話をしてくれたとき、
実は「あ〜、なんか(私と)似てるなー。」と思った事がありました。
昔、勤めていた会社の出向先で上の方に
「中村さんて、優等生タイプだよね。」と言われた事があって、
まぁ、良い意味でも悪い意味でもあったのだろうけど、
自分としては、何故かとても悔しかったのを覚えています。
そんな自分を打破したいという気持ちは、私の中でもずっとあります。

あれ?なんか話がずれておりますが。。。汗

本文にも書きましたが、私は皆がクリアすることを信じて疑いません。
大阪の皆さんが日々どれだけ忙しく、精力的に活動していることか、
それに比べて私なんてまだまだだと、いつも思い知らされていました。

私たちには一年半以上かけて積み上げてきたものがある!
だからこそ、残りの一週間で出来る事はたくさんあります。

なおみちゃん、絶対合格する!!
一緒に、次のレベルへ進んでいくのだから!!
Posted by Keiko at 2012年07月17日 09:52
勇気をありがとう。いつも崖っぷちの手前からうまく逃げようとしてたけど、突き進んで飛び越えて見せるよ!
Posted by なおみ at 2012年07月17日 14:24
> なおみちゃん

飛び越えるその姿、既に目に浮かびます!!
この日曜日に!!
Posted by Keiko at 2012年07月17日 23:44
まゆか先生のブログから遊びに来ました。

皆さん、頑張ってらして凄いです。
私は最初に退場してしまい、最近は復習もしてませんでした。
猛省です。
またいつかどこかでお目にかかる機会があるよう私も精進します。

おめでとうございます。
Posted by シシー at 2012年07月19日 08:19
> シシー先生

ご無沙汰しております!
そしてブログを訪ねて頂いてありがとうございます(^^)

今となっては長かったような短かったようなコースでしたが、
私もこのまま放っておくと、すぐに退化してしまう気がしています。

今後も何かしらの形で続けていきたいと考えています。
きっとどこかでお会いする機会がありますね!
その時を楽しみにしています♪
Posted by Keiko at 2012年07月20日 09:41
はいけんしました。

私は一発合格は出来ませんでしたが、最後の方は私の場合と似ているな、と感じました。

私は京都道場で、なんと、カセットテープに毎回録音していたというアナログぶりです。
テープがのびて音が変になるまで繰り返し聞きました。

仲間との練習会を最初は積極的にしていましたが、最後は、自分と向き合う方が大事だと思い、
私の場合は車の中で毎日練習しました。

けいこちゃんの、向き合い方、発表、私も見習っていきます。
ありがとうございます。

そして、また会おうね。
Posted by すみ at 2012年07月24日 10:33
> すみさん

わざわざブログまで足を運んで頂いてありがとうございます(感涙)
すみさんに「見習っていく」なんて言われると恐縮です。
修了検定の日、私は他道場の人間だったにもかかわらず、
練習のときに貴重なアドバイスを頂けたのが、本当に嬉しかったんです。

練習の方法や向き合い方、姿勢と言うのは人それぞれ合ったものがあるんでしょうね。
私の方法は私に合ったものではありましたが、他の皆さんにもぴったりかというと、
そんなことはないはずです。
それでもこのブログで、努力している皆さんの何か参考になるものを提供出来たならば、
書いた甲斐もあったかな〜、と。

認定講師コース、受講するつもりです。
発音も、そして勿論ディベートでも、また色々お世話になると思いますが、
今後ともよろしくお願い致します!!
Posted by Keiko at 2012年07月25日 00:09
けいこ先生
とても参考になります。ありがとうございます。
私には、絶対言えるようになる!っていう固い決意がまだ弱い気がします。忙しいを言い訳にせず、こつこつがんばります。
さあ、これからラストの練習!
Posted by ゆっこ at 2013年02月24日 20:17
> ゆっこ先生

コメントありがとうございます(^^)
私の通っていた大阪道場と今の岡山道場では開催スパンが違うので、
この方法が合うかどうかは分かりませんが、
気持ちで強く思うという点では、変わらないと思います!

岡山道場も、良い雰囲気が出来てきましたよね。
やるべき事をちゃんとやっていれば、必ず出来るようになる!
お互いに精進しましょう!
Posted by Keiko at 2013年02月24日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57020937
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック