ブログ、移行しました!!

    新ブログはこちら↓↓↓
    
    ECCジュニア田村町教室の先生ひとり言(続)

    新ブログの方も、何卒よろしくお願い致しまするんるん

    *******************
    ECCジュニア田村町教室のKeikoです。
    個人的な日記やイベントの様子、面白い話などを、
    週1くらいのペースで書き綴っています。
    コメントを書いて頂けると、泣いて喜びますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

    ECCジュニア田村町教室の特徴やコース紹介、お問い合わせなどは、
    田村町教室のホームページをご覧になってください。


    ECCジュニア田村町教室のホームページはこちらクリア

    教室のfacebookページ作りました。
    日々のちょっとした出来事はここにアップしていきますね。
    「いいね!」もぽちっとよろしく!!

2012年12月31日

色々ありました。

大みそかでございます。
最近すっかりスルーしていたこのブログ、でも忘れてはいますぇんあせあせ(飛び散る汗)
いや寧ろ、毎年12月はネタ満載なんですよ。
でも、そんな12月もあと数時間。
最後に12月のまとめ記事だけでも、あげることにしました〜グッド(上向き矢印)

12月第一週は、ECCジュニアに通う生徒たちから、大概ブーイングが出る(笑)
ECC全国児童・中学生英語検定試験の一次筆記試験ウィーク!!
4・5歳児さんクラスから中学生まで、約一年の勉強の成果を見る貴重な機会です。
そして講師にとっては、ECCジュニアとして教えるべき事をちゃんと教えているかどうか、
それをチェックするための機会とも言えます。

個人的には、やるべき事さえやっていれば、決して難しくない試験だと思います。
一次試験は70点で満点、そして年明けに行われる二次面接が30点、合わせて100点満点。
で、95点〜100点が特A、80点〜94点がA、
70点〜79点がB、以下Cというランクが一応付きます。
私の中では、全員A以上を毎年目指しています。

二次試験が終わるまで、最終結果は分かりませんが、今のところ全員Aランク以上の圏内。
その中で特Aを取れる可能性のある65点以上が7割。
でも、PAクラス(ECCジュニア暦2年以上の5,6年生クラス)の割合は、あんまり良くないなぁ。
などと、自分振り返るわけです。

生徒たちは、、、多分試験だからと言って特に何か勉強することもないと思います。爆
別に、どこそこを勉強してこい!とか、私も言いませんしね〜。
ただ、テストがあるよ!ということだけは、一カ月前くらいから言い続けます。
特に、幼児さんは「テストって何?」状態ですから、「こうういうものだよ〜」と言い続けて
多少緊張感をもたせておくわけです。
そりゃもう、当日は「今日はテストです。途中でおしゃべりしたらダメです。」
という一言で、みんなちゃんと正座して机に向かう。
それを見ているだけで「かわいいな〜黒ハート」なんて思うけど、それを顔には出さず。
真剣に取り組んでいる姿を見ると、例え4歳の子でもしっかり場を整え、
気持ちを持って行ってやれば、なんだってちゃんと出来るな〜と感心します。

あとは1月の二次面接試験。
みんな、がんばれよ〜パンチ

12月第二週は、参観ウィークです。
と言っても、私がやることは保護者の方々の座布団を用意するくらいがく〜(落胆した顔)
まぁ、別にいつ見てもらってもよいと思っていますが、こういう機会があった方が、
レッスンを見たいと思っている保護者の方も来やすいだろうな、と思います。

でも、あんまりいらっしゃらないんだよな。笑

小学校も高学年以上になってきたら、子どもが親御さんに「来るな手(パー)」と
釘をさすんですな。
でもほんま、いつでも見に来てやってください!

で、参観ウィークが終わってすぐの日曜日、毎年恒例のクリスマス会を行いました!
うちは希望を取って来たい子はおいで〜状態です。
そしたら今年は、小さい子がわらわら、小6の少年たちがわらわら、中ぐらいがパラパラ。
しかも小さい子どもで親御さんが一緒に来られない方もいる。
という状態で、これどうしたもんかな〜と頭をかかえて訳です。
で、前日夜に閃いたひらめきひらめき
よし、大きいんに小さいんの面倒見てもらおうexclamationと。

で、クリスマスに因んだ色々な絵を半分に切って、半々小さい子用と大きい子用の袋に入れ、
それを最初に1人一枚引いてもらって、最初にペアを探す所から始めたわけです。
や〜、これは我ながらうまくいった!&来てくれていた保護者の方にも好評でした。笑

自己紹介ゲーム、単語導入&ビンゴゲーム、リボンで形作りゲーム、音読発表と行いましたが、
全部基本はペアで。
最後には軽食も出したのですが、
その時もペアで小6生に小さい子たちの世話をしてもらいました。
うちの今の小6、みんなやんちゃないたずらっ子な感じですが、性格良い子ばっかり!!
せっせと頑張ってくれた挙句、「おもろかったわ〜るんるん」とケラケラ笑いながら帰って行きました。
いいやつらだ〜わーい(嬉しい顔)
DSC_0781.JPG因みにこちらが今年の軽食。
これみて小6のある男の子が一言。

「去年と一緒やんexclamation

・・・すまんの。
色々無理やねん。。。


クリスマス会が終わってほっと一息する間もなく、とはいえ、だいぶ肩の荷が降りた
12月第3週以降は懇談ウィーク
お話するのは得意ですが、色々と書類をセッティングするのが面倒っちゃ面倒なんだな。
でも、保護者の方々とゆっくりお話出来る貴重な時間。
睡眠不足もなんのその、なんとか乗り越えたわけです。
でも楽しいんですよね〜、ほんまにね。

色々な英会話教室がある中で、うちの教室を選んで来てくれている生徒たち。
やっぱりね、相性が良い子たちが来てくれているんだなと思います。
で、そんな子どもたちの親御さんたちとも、多分相性が良いのでしょうね。
ありがたいことです。

普段の送り迎えの際ではなかなかゆっくり話す時間もない。
そんな中で、聞こえない要望をちゃんと吸い上げることはとても大切なんですよね。
毎回レッスンを見るわけではない保護者の方々には、
家でのお子さまの様子で満足して頂かなければなりません。
で、そこから出てくる要望を聞きだす事、それって、そんなに簡単ではありません。
やはりそこには信頼関係が欠かせないな、と毎年思います。

年内最終レッスンも終わり冬休みに入って数日後、
教室に通って来てくれている小6の子たちに、中学生クラスの体験レッスンを行いました。
ECCの中学生クラス、かなり充実した骨太クラスです。
教室生の体験レッスンでは、私は結構厳しいことをいいます。
決して甘くはないから、やる気がないなら来ない方が良い、と。
その代わり、真剣にやる子たちには私も必死で教えます、と。

冬休みの間、ゆっくり考えてくれたらいいかなと思っています。

レッスン関係以外では、発音道場関係かな。
指導者養成コースを1期分、受講し終えました。
発音道場自体は夏に修了しましたが、
今度は道場を開ける指導者になるためのコースを受講中です。
ん〜、とはいえ自分が道場を開くかどうかというと微妙ですが(爆)、
生徒たちの発音を聞きながら、何故そういう音が出るのかが、
ちょっとずつ分かるようになってきました。
こういうのは、ほんまに訓練やなと思います。
新年からも精進せんばいけません。


足の踏み場もなかった自分の部屋を、少し踏み場ができる程度に片付け、笑
クリスマスのデコレーションをしまい、大みそかにブログを上げてなんとかおしまい!!
会計関係のもろもろ手をつけていないのは、ま、目をつぶることにします目

今年一年、多くの人にお世話になりました。

本当にありがとうございました!!

来年も、宜しくお願い致します。わーい(嬉しい顔)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61145068
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック