ブログ、移行しました!!

    新ブログはこちら↓↓↓
    
    ECCジュニア田村町教室の先生ひとり言(続)

    新ブログの方も、何卒よろしくお願い致しまするんるん

    *******************
    ECCジュニア田村町教室のKeikoです。
    個人的な日記やイベントの様子、面白い話などを、
    週1くらいのペースで書き綴っています。
    コメントを書いて頂けると、泣いて喜びますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

    ECCジュニア田村町教室の特徴やコース紹介、お問い合わせなどは、
    田村町教室のホームページをご覧になってください。


    ECCジュニア田村町教室のホームページはこちらクリア

    教室のfacebookページ作りました。
    日々のちょっとした出来事はここにアップしていきますね。
    「いいね!」もぽちっとよろしく!!

2013年08月15日

旅とガイド。小笠原。

猛暑が続いております。
お盆ウィークということで、教室も夏休みの1週間。
でも、それ以外は、通常レッスンから夏の特別講習まで、ガリガリやっております。
暑いし、人も多いし、ということで、
私自身は夏休みリゾートに遠出をすることは、あまりありません。
旅に出るならピークを避けてexclamation×2
というわけで、もうそこそこ前になりますが、
こっそり旅に出ていました。笑

今回の旅先は小笠原でした。
4月に年間予定を立てている最中に、ふと「あ、小笠原に行きたい。」と思ったのがきっかけ。
・・・のはずあせあせ(飛び散る汗)
何と言いますか、どこへ行く時もそうなのですが、
ある時突然、その場所へ行きたくなります。
そしたらもう、その場所に“呼ばれて”いるということ。
行くしかないんです。笑
小笠原との出会いも、そんなもんです黒ハート

さて、いざ行くとなると行き方を調べ始めますが、小笠原では船で行くしかありません。
東京の竹芝桟橋から、25時間半かかりますexclamation×2
この船、夏休み期間中は、いつもと違うスケジュールのようですが、
通常は6日に1回の周期で運航しています。
すなわち、その就航に合わせてじゃないと、島に渡ることが出来ません。
乗船券の発売は2か月前から。
等級の高い席から売り切れていくそうですから、
良い席で行きたい方は売出日に即!予約してください。
因みに私は2等で。いわゆる雑魚寝ってやつです。笑
人も多いし、船も揺れるだろうし、眠れないかな〜と思っていましたが、
これが驚くほどよく眠れました眠い(睡眠)
航海の途中では携帯も通じない時間もあり、ゆらゆらと揺られながら、
これといって何もすることのない時間が流れていきます。
案外日常生活にはこんな時間を持つことは出来ませんね。
飛行機と違って、歩こうと思えば歩き回れる、シャワーもある、食堂もある、
何より2等でも身体を完全に伸ばして寝ることが出来るexclamation
日常から非日常への移動には、船というのも大アリと思いましたるんるん
ご興味ある人はコチラ、小笠原海運のホームページ船
スケジュールも掲載されていますよ〜。

行きは船で一泊。
小笠原の島で二泊三日。
帰りも船で一泊。
西日本の方は、前泊も必要かな。
というわけで、1週間の旅です。

小笠原諸島については、Wikiやら小笠原村、小笠原村観光協会のサイトに詳しいです。

Wikipedia-小笠原諸島
小笠原村ホームページ
小笠原村観光協会

人が住み、観光で訪れることが出来るのは父島と母島の2島。
今回私は、小笠原観光の中心でもある父島に滞在しました。
旅行日程はこんな感じで組んでおりました。

到着日の午後→シュノーケリングレッスン
2日目→海で遊ぶ日!&ナイトツアー
3日目→山で遊ぶ日!&地元の居酒屋で地元のもん食べる。
出港日の午前中→最後に島内をブラブラ。

私、実は海スポーツに全く興味がありませんでしたたらーっ(汗)
泳ぐのも、あんまり得意じゃないし(笑)
でも、今回は挑戦したんです。

2日目、海で遊ぶ日!

ジェットコースター並みに揺れる船。www
あ、でもこの写真を撮っているときは、そうでもないね。
IMG_4376.JPG


南島。ちょっとあり得ない風景。ウミガメも来るよ。
IMG_4381.JPG


ガイドのたけさん、と、白砂のコントラスト。笑
IMG_4400.JPG


この、右側の船です!
IMG_4416.JPG


父島名所の一つ、千尋岩の別名はハートロック黒ハート
向いている先は、母島揺れるハート
IMG_4419.JPG


いよいよ入る海には、魚がいっぱい!!
IMG_4444.JPG


海で遊ぶのって実は楽しかった!!
IMG_4450.JPG


泳げない人も、こうして上から見る事が可能。
IMG_4448.JPG


イルカ、分かるかな?
IMG_4455.JPG


お世話になったガイドさんたち。焼けっぷりが半端ないぴかぴか(新しい)
IMG_4470.JPG


3日目、山で遊ぶ日!

小笠原の固有種をプラナリアから守ります。
IMG_4476.JPG


亜熱帯の森の中。実は第二次世界大戦の戦跡が多く残っています。
これはタコつぼ。
IMG_4496.JPG


トラックの残骸。時とともに朽ちていきます。
IMG_4521.JPG


天然記念物のオカヤドカリ。そこらぢゅうにゴロゴロ。
IMG_4524.JPG


お昼御飯は、なんとガイドさんの手作りぴかぴか(新しい)珍しいね。
IMG_4515.JPG


巨大ガジュマルの森でガイドさんと。お弁当もここで。
でもね、ガジュマルって戦時中に人間が持ち込んだものだそうです。
IMG_4517.JPG


傘の大きさ指先ほどのキノコ、グリーンぺぺ。
夜になると光ります。
IMG_4575.JPG


トレッキングの目的地はここ。前日に見たハートロックの上です。
IMG_4531.JPG


飛びますexclamation×2
IMG_4533.JPG


跳びますexclamation×2
IMG_4550.JPG


色々縮みあがりそうです。
IMG_4556.JPG



という感じで、海も山も大満喫わーい(嬉しい顔)
それもこれも、ガイドさんのおかげですね。

旅先でトレッキングするときなどは、私は大抵ガイドさんをお願いします。
知らない土地で自然の中に入るわけですから、一つは安心・安全のため。
でも何より、彼らと歩くのは本当に楽しいんですグッド(上向き矢印)
彼らの仕事を見ていると、プロだな〜とおもうんですよね。

客の様子を見ながら、何を見せて何をしゃべるのかを変える。
専門的な知識を覚えたり、様々な見どころについて研究したり、
それは恐らく個人的に勉強されているはずです。
だからこそ、そのガイドさんとっておきスポットなんかがあったりする。
旅先で、どのガイドさんに当たるかが、旅の楽しさを左右するといってもよいと思います。
素晴らしいガイドさんは、ガイドさん自身が魅力的であるのは勿論ですが、
その土地で見せるもの、語るもので客を引き込み、
関係のないお話だけで盛り上げるわけではありません。

彼らの仕事は、私たち講師の仕事と似ています。
生徒の様子を見ながら、何を話してどう教えるかを考える。
知識を得て、指導法を研究し、個人的に日々勉強する。
だからこそ、その先生とっておきの教え方、情報なんかがあったりする。
英会話教室で、どの先生に当たるかが、子どもたちの英語力を左右するといってもよい。
素晴らしい講師は、講師自身が魅力的であるのは勿論だけど、
教える内容、教え方で生徒を引き込み、
関係のないお話だけで盛り上げるわけではない。

な〜んてことも、ちらっと考えたりするわけです。

まぁでも。
旅というのは、私にとっては日常から離れて私自身を何かリセットするようなもの。
リセットした場所で、そこでしか出来ないことを体験する。
それは、一瞬のことかもしれませんが、自分じゃない自分になるような感覚。
やめられません。

そして今回気付いたSNSと旅の関係。
これは恐らく、人によって違うはずですが、
私は旅の最中にSNSに触れる事は、あまり多くない方がよいな、、、と思いました。
自分じゃない自分になったはずが、一瞬で元に戻ってしまう感覚がSNSにはある。
勿論、SNSにはSNSの楽しさがあるけれど、
私の中で、その使い方に少し変化が訪れたキッカケになった旅でもあります。

というわけで、次はどこに呼ばれるかな〜るんるん
はい、次に自分じゃない自分になる時まで、
英語教育の森でのプロガイドとして、腕を磨きますぴかぴか(新しい)
posted by Keiko at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72485414
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック